太陽光発電・蓄電池は様々なところで販売されていますが、施工はというと下請けの工事会社が行っているというのが実情です。そのことが原因でのトラブルもよく耳にします。お客様にとっては販売会社と施工会社が違うことでデメリットの方が多くなります。また、施工管理者等を置くことで販売価格も割高になってしまいます。

現地調査からお見積り・施工・アフターメンテナンスまで自社でワンストップでご対応させて頂きますので安心してお任せください!

低価格で高品質施工、充実のアフターメンテナンスでお客様のメリットの最大化を実現します!

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
株式会社タナカ電工の代表 三嶋貴雄と申します。当社は、父の代からの創業38年の電気工事会社です。
太陽光発電の工事は17年前から始め今では太陽光発電・蓄電池の工事がメインとなっています。総工事件数は3000件以上となりました。太陽光発電・蓄電池の販売は、家電量販店、訪問販売会社、ハウスメーカー等さまざまです。が施工は下請けの工事会社が行う場合がほとんどです。販売会社と工事会社とのトラブルもよく耳にします。販売会社の中でには、工事内容をよく理解せず販売している会社もあるようです。
当社では、自社で責任施工、アフターメンテナンスも行います。価格・施工・アフターで是非、比較検討してみていただきたいと思っています。
1件でも多くのお客様に喜んでいただくために、口はうまくありませんが、丁寧にご対応させていただきます。

太陽光発電・蓄電池システムの導入にあたって、価格は大変重要です。お得に導入したいと思うのは当然のことです。

価格が高いから悪い、価格が安いから良いわけではありませんが、お客様の心理につけこみ、いかにもお得感を強調し高額で売りつける悪質業者が今でもいるようです。対策としては、悪質業者は、ほぼ即決を迫ってきますので応じず納得できるまで検討する事が大切です。

一括で3社見積り、優良会社紹介と一見便利なサイトに思えますが、集客専門の会社です。価格を複数社で競わせ手数料をとります。激安で受注した会社は、手数料も支払います。工事品質も担保できないのが実情と思われます。集客の専門会社なので、いつも工事会社を募集しています。

残念ながら、結果は見えています。面倒でも直接お問い合わせ頂き、ご検討されることをお勧めします。

太陽光発電・蓄電池の導入には、価格はもちろん施工内容、アフターメンテナンスや保証内容等総合的な判断が大切ですが、やはり気になるのは価格という方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。正確なお見積りは現地調査が必須ですが、図面のみでの概算お見積りも可能です。1営業日以内にご提出いたします。

ご用件    太陽光発電蓄電池太陽光発電+蓄電池メンテナンス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話

ご用件の詳細内容

               
                    

太陽光発電・蓄電池は、激安でも工事品質が悪く早くに使えなくなったり、後にメンテナンス費用がかさめばお得とは言えません。当社では営業費用を抑え、低価格で工事品質・メンテナンスにこだわり、永く使って頂くことで費用対効果最大化を目指しています。

突然ですが、自宅に施工してもらうとしたら、どちらがいいですか?

Aは当社施工のものですが、Bは他社施工のものです。Bはスピード重視工事ですが、ちょと、ひどいですね。当社では、できる限り隠蔽配管(配管を壁の中や天井裏の内部に隠し、外から配管が見えないようにする施工方法)で施工するようにしています。建物の構造上で隠蔽配管できない場合には、外壁と同色系の配管カバーで仕上げるようにしています。

全工程、自社で行うため、ご提案の段階で機器の設置場所や配管経路などについて丁寧にご説明し、完成イメージをしっかりとお伝えすることを心掛けています。

外注工事の場合、取り付けすることが目的になっていることが多いように思います。当社では、高耐久部材を選択し、丁寧な施工を心掛けて永く安心して使って頂くことを目的にしています。

国の電気・ガス価格激変緩和対策事業により2023年1月から始まった電気代の値引き。この措置が2024年5月にて終了します。

電気代の値引きは、低圧受電契約では1kwh当たり7円でスタートしましたが、燃料価格などの状況に合わせて段階的に値引き額が減額されてきました。2024年6月使用分以降は値引き措置はなくなります。

2021年以降、中国電力管内でも電気料金の値上げの波が押し寄せ、2021年末比で1.5~1.7倍で推移しています。当然、今回の値引き措置の終了で、6月より電気料金の値上がりとなります。

燃料費の高騰

電気料金の値上がりのいちばん大きな要因は、燃料費の高騰です。中国電力管内では、石炭火力発電の割合が多く、続いて天然ガス発電となっています。その発電燃料が、ウクライナ戦争等で世界的供給不足となり高騰しました。さらに、円安の影響も受けています。石炭、天然ガスの価格は、横ばいか、やや上昇と予測されるいます。が世界の情勢に左右されるため安定しません。燃料費の高騰=電気料金の高騰となるわけです。

再エネ賦課金

再エネ賦課金とは・・・太陽光発電等の自然エネルギーの普及促進のための固定買い取り制度(FIT)の買い取りに必要となる費用を、電気の使用量に応じて全員で負担する制度。電気代(円)ではなく電気使用量(kWh)に対して発生します。

2024年の再エネ賦課金は、3.49円(kWh)と発表されています。400kWhお使いのご家庭で、1396円のご負担となります。2012年度比で15.8倍にもなっています。

託送料金

託送料金とは、各家庭へ電気を送るために必要な「送配電ネットワーク」を利用するための利用です。簡単に言うと電気の運送料です。近年託送料金は値上がりしつつあります。理由は、送配電設備の老朽化や再エネの普及が進んでいるため、託送料金の値上げによってインフラ強化に必要な費用を賄うためです。

以上の要因から、今後も電気料金の高騰が予想されます。近年の猛暑で、エアコンの使用量も増え、家計への電気料金の負担は増すばかりの状況です。さらに深刻なのは、中国電力管内での電気深夜料金です。

原因は、原子力発電所の停止です。2024年現在、中国電力管内では、原子力発電所は稼働していません。中国電力では、原子力発電所稼働時にはオール電化住宅を強く推進していました。原子力発電所は24時間、電気を作り続けるため夜の時間帯は電気を無駄にしてしまいます。割安な深夜料金を設定し、電気温水器やエコキュートで使用してもらおうと考えたわけです。料金も1kWhあたり10円以下でした。さらに、オール電化割引(-10%)などの特典を付けていましたが、今では廃止となっています。原子力発電所が停止しているからにほかなりません。2024年現在、昼間の電気と同じように火力発電所を稼働させて供給しています。1kWhあたり30.4円ですので3倍以上の値上がりとなっています。

電気温水器4000円⇒12000円 エコキュート1200円⇒3600円とお湯を沸かす費用も3倍になっています。

家計の一定割合を占める電気料金。ただ、電気を買い続ける暮らしには、さまざまな要因・制度の変更等で大きなリスクがあると言えます。節約にも限界があり、電気料金が2倍になったからと、半分の電気使用量で生活することはできません。

太陽光発電を取り入れる暮らしを考えてみませんか?

太陽光発電・蓄電システムは導入費用はかかりますが、一度導入してしまえば自宅が発電所になるわけです。

①太陽は、0円なので値上がりとは無縁です!

②自家発電なので再エネ賦課金はかかりません!

③自宅で電気をつくるので、託送料金はかかりません!

つまり、値上がりの心配一切無用。電力リスク0の暮らしが実現できます。

太陽光発電は、既におなじみですが今では蓄電池にためて賢く使う電気の自給自足のゼロエネルギーハウスも普及が加速しています。さらに、太陽光発電の電気で直接お湯を沸かせるエコキュートも登場しています。停電時にも電気が使えるので安心です。

さらに、電気自動車も

太陽光発電でつくった電気を自宅と電気自動車の間で移動させることでクルマの電気も自給自足が目指せます。

太陽光発電設置済みのお客は・・・

電気を売る暮らし方から自家消費の暮らし方に変えてみませんか?固定買取制度(FIT)終了時の中国電力の買取価格は、7.15円(kWh)です。が購入単価は、プランにより異なりますが、4~5倍もします。売電するよりも蓄電池にためて自家消費する方がお得になります。さらに、停電時にも電気が使えて安心です。自然災害など非常時の備えとなります。

太陽光発電・蓄電池システムの経済メリットは・・・

お住まいの地域・屋根向き・屋根面積・電気代・電気使用割合等により、さまざまです。まずは自分の家の正確な経済メリットを知ることがスタートです。

太陽光発電・蓄電システムの導入は、電気料金の削減ができますが、それだけではありません。ご家庭から排出される温室効果ガスを大幅に削減できます。

私たちの社会はそれぞれの地域の気候を背景にかたちつくられています。その気候が地球規模で、私たちが経験したことのないものに変わりつつあります。現在の地球は、過去1400年で最も暖かくなっています。この地球規模で気温や海水温が上昇し氷河や氷床が縮小する現象、すなわち地球温暖化は平均的な温度の上昇のみならず、異常高温や大雨・干ばつの増加など様々な気候の変化をともなっています。その影響は、早い春の訪れによる生物活動の変化や、水資源の農作物への影響など自然生態系や人間社会にすでに現れています。将来、地球の気温はさらに上昇すると予想され、水、生態系、食糧、沿岸域、健康などにより深刻な影響が生じると考えられています。

 

今、世界の科学者たちがもっとも懸念しているのが、シベリアの永久凍土の融解が止まらなくなることです。永久凍土の中には数多くの”未知のウイルス”が眠っているとみられ、実際に[モリウイルス]という高い増殖能力をもつ新種のウイルスが発見されています。

さらに、Co2の25倍の温室効果を持つ「メタンガス」が大量に放出されるおそれもあります。

これは決して「遠い将来」の危機ではありません。今、まさに瀬戸際の状況でこの10年の私たちの対策にかかっているという正念場に突入しているのです。

    「地球のミライ・NHKより引用」

菅前総理が「2050年カーボンニュートラル宣言」をしました。その背景には地球温暖化がここまで悪化し、追い込まれている厳しい現実があるからです。国の「エネルギー基本計画」について経済産業省が素案をまとめました。脱炭素に向け再生可能エネルギーの割合を36%~38%として今の計画から10ポイント以上引き上げることにしています。

ご家庭の太陽光発電・蓄電システムの導入は、地球温暖化対策としても役割は大きいといえます。

高品質施工とアフターメンテナンスが重要です

太陽光発電・蓄電システムの導入にあたって、価格も気になるところですが、工事品質、アフターメンテナンスの方がもっと重要かもしれません。なぜならば住宅設備機器のため、工事の内容、アフターメンテナンスによってシステムの寿命が変わってくるからです。

安かろう悪かろうでは、致命的です。安くても早くに使えなくなれば元も子もありません。高品質な部材を選択し、適正な工事を行うことは激安では無理なことです。工事に関しては、高品質施工を行うには適正価格が必要です。

システムを正常に稼働し続けるためには、アフターメンテナンスも必要です。

当社では、自社責任対応させて頂きます。のでレスポンスよく対応できます。

広島・山口でアフターメンテナンスでお困りの方お問い合わせはください!

販売会社が倒産、連絡がつかない等でアフターメンテナンスでお困りの方の点検、メンテナンスも承っております。パワーコンディショナー等故障でお困りの方もご対応いたしております。まずは、ご連絡ください。

ご用件    太陽光発電蓄電池太陽光発電+蓄電池メンテナンス

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話

ご用件の詳細内容